商品開発のおてつだい

「いいなぁ!」のトキメキを目指して

 「ものを買う」手段の変化により、モノの魅力の伝わり方が変わり続けています。

 スーパーの入り口に「赤い」食材を置いてお客様を惹きつけるように、人には五感から刺激を受けて行動へ移るのことはよく知られています。

 毎日必要な食材を手に入れる、わたしたちの小さな楽しみも、誰かの思惑に誘導されていると思うと残念な気もしますが、それも効率よく買い物できる道、と楽しんでもいいのかもしれません。

 また、スーパーにさえ買い物に行かない人達が増えていることも現実です。そうなると、私達の選択基準はどこにあるのでしょう。

【新しいものを生み出す】

 買い物の楽しみの1つに、「新しい商品との出会い」があります。
 
 このモノの飽和した世の中でも、次から次へと新しいものが登場してきます。
 1つ、また1つ、と新しいものが生みだされ、認められたリ、そうではなかったり、あっという間に多くの人の心をつかんだかと思うと、即座に忘れられてしまったり。

 その中でも、時代に合ったもの、求められていたもの、開拓するもの、など、お客様に高い評価をうけ、長く愛され続けている良いモノが生まれています。

 そのようなモノを見て使ってみると、やはりそこには機能性の高さだけではなく、作り手の細かな配慮や魅力的なデザインが施されています。

 長い道のりを経てうみ出される新商品。
 はじまりはワクワクドキドキ。
 しだいに悩みや葛藤の連続です。
 しかし、乗り越えられるからこそ商品開発はおもしろい。

 多くのアイデアや意見を連ねて作り上げられた商品が私達の生活を支えてくれています。

【わたしたちができること】

 私達の商品開発は、各分野で活躍する、専門性の高い女性達を組み合わせたチームで行っています。

 商品開発において、多くの人が関わることは、多くの意見や考え方が生じ、時に混乱や衝突も生じることがあります。

 しかし、最終的に〝経験による知恵”と〝斬新なアイデア”と〝確固技術”とが組み合わされて、自信をもてる商品へつながってゆくと信じて、つき進みます。

 私達が、商品開発において大切にすることが3つ。

 1つ目は、自分でお金を出して買いたいか?ということ。

 2つ目は、気持ちが高まるデザインであるか?ということ。

 3つ目に、誰かへ贈り物にできるものか?ということ。

 女性がモノを選ぶ時の、最も大きな要素です。

 これに加えて、大事な要素が、共にチームとなって商品開発を進めてゆく企業さんの想いの強さです。

 「私達が買いたい思うもの」を実現化するために、女性の様々な感性を集いあわせ、真剣に取り組むことが、私達の商品開発サポートです。

今までの商品開発・例

商品のご購入

私達が商品開発や、レシピの開発、カタログ製作などで関わりをもたせていただいたモノを購入することができます。


私達が商品開発のお手伝いをさせていただいた商品。使ってみて「いいなあ。」「気持ちがHAPPYになるなぁ。」と思えるもの。「すごく便利だ!」「誰かにも教えてあげたい!」と思えるモノとの出会いがあります。
もうすぐ・・・NET SHOPから販売いたします。