ごあいさつ

女性の感性はおもしろい。

三重県桑名市。名古屋のベッドタウンであり、古い町並みや田園広がる地域と共に、新興団地が急速に拡大している地域でもあります。県外から移り住んだニューファミリー層が急激に増進し、新しい文化や感性を持った人達から、様々な活動が生まれています。私自身が九州出身でありながら、桑名を生まれ育った地のように愛着を持てるようになったのは、初めての地で、子育てや抱える悩みでで孤立しそうな中、同じような環境の女性達と、お互い支え合いながら仕事を通じて社会とつながることができたこと。さらに、社会で自分の場所を見つけることができると、小さな自信が生まれ、地域の人たちと積極的に関わりを持つことができ、またそれを楽しみ、「その時間を子供たちと共有したい」と思うようになりました。地域の女性たちが、地域ゆえのゆとり時間やゆとり空間から得られるライフスタイルの中で、自分らしく活躍できる場を生み出してゆきたい。 その理念のもと、「経験・技術・意欲」ある女性たちがつながり合い、活躍できるステージを、自ら築き上げてゆける会社でありたいと考えています。

代表 水谷 美保

地域の潜在力である女性達がチーム化する取組

<以下、2005年記載文から、一部変更、再掲載>

地域で当たり前の生活ができる喜びに、感謝しつつ。幼い子供を育てながら、「仕事を持つ」ことの意味を様々と考える昨今です。現代、「仕事」を大事にする女性は非常に多いでしょう。しかし、子育て中の身でありながら、フルタイムで組織の中で働くことは、両親や家族、地域サービスの力をふんだんにか借りながら、自己投資と精神的な負担をかなり背負いながらを両立を図らなければならないのが現実です。

私は、独身時代に、不夜城のような職場で休日も自主出勤して全力投球で会社と仕事へ何年も没頭し、仕事に陶酔しました。精神的にも肉体的にも、これ以上ないほど疲弊しきっていましたが、若く、自己中心的な生活だからできた無理やふんばりだと思います。 よくがんばったものだ・・・と思うこともあります。でも、自分を褒め称え、「あの頃は良かった」と思ったことは一度もありません。結果として、30歳になる前に、「仕事を第二」と考える現在の自分を強く求めました。信頼するパートナーと結婚をし、 愛情をたっぷりそそぎ甲斐のあるけど日々試練の連続でもある家庭を持つことから始まった、新しい選択肢です。

家庭をもち、子供を育てる中で、自分も共に成長してゆくことができる。この良き時も悪き時も盛りだくさんなしあわせは、人としてより良い道はと悩み彷徨いながら生きていく実感を感じさせてくれるものです。仕事で成功する刹那的な喜びとは、別のものであります。

人生の最も大事な仕事が子供を育てるということ。

人生の最終的な目標は、子供を善良な人間に育てあげること。

そのためには、“自分自身”というものもしっかり持ち続けたいと常に考えてきました。特に子供を産み育てている女性にとって、「自分自身をもつ」ことが「仕事を通じて社会と接すること」だと思われている方は多いのではないかと思います。私が1人目2人目を育てている頃は「お前の仕事は趣味のようなもの」と評価され、後ろめたさの中、細々と仕事を続ける時代を経て、四人目が保育園にいる頃は「日曜に東京出張行くからよろしくね。」と言えるようになりました。

当時、そして今もまだ、「必ず将来、自分だけでなく家族や社会のために役立てることができる。」と信じてきました。しかし、子供を産み育てながら、それでもなおがむしゃらに仕事にはげむことは、本当に、本当に難しい。母が仕事に専念しすぎると、多大な犠牲を子供をはじめとした周囲に強いることになる・・・と、自らの幼少時代の経験上から、できれば、“すべきではない”、と考えていました。子供を育て、家族との時間を大事にしながら、自分のできるペースで、得意とする仕事を続けたい・・・これは都合のよすぎることでしょうか。時代は、あっという間に変わりました。お母さん達が、必死に悩み苦悶しながら、頭を低くしてちょっとづつ開拓せざるを得ない時代は過ぎようとしています。自律したお母さんが、幼い子供を、どうどうと連れて社会活動や仕事をする姿はよく見かけます。だっこ紐で乳児を抱いたお父さんが、買い物をサポートしている姿もよく見かけます。若いお父さんたちは、お母さんが社会活動や仕事に携わることへ賛同派が主流となり、少しづつのようですが、家事育児へのサポートができる男性も増えてきました。気が付けば、私はすっかり古い時代の人になってしまいました。四人の子供を、妊娠から産み育てるまで、必死で1人で家事育児を、がんばってきてしまいました(笑)。

女性は一旦、結婚し、家庭を持ったのであれば、まず、妻として、母として生きることを大事にすべきだと思っています。これは、男尊女卑とは違う、女の役割、男の役割は、男女の人間構造的に存在すると感じるからです。でも、現代社会に生きる女性として、家庭にだけ埋まってしまうのも、もったいない。どんな人にも、好きなこと、得意なことがあります。 それを活かすことができたら・・・。

社会の中の “需要と供給”を、女性の立場から・・・経験・技能・能力持つ女性の潜在的パワーをネットワークする。 各々では小さい力でも、1人あたりの能力が大きければ、チーム化することで大きなプロジェクトを推進・成功させることができるのではないか?主婦目線でありながら、ビジネスとしてしっかり行動できるチームがたくさんある、、、そんな環境を地域の中で作って行きたい。もちろん。誰でも、すぐに社会で活躍できるわけではありません。社会の中には、社会常識やマナーがあり、仕事を担ってゆくなら、責任感や判断力、信頼性が必要です。そのために、どんな環境の中でも、自分で常に勉学し、技術を磨き、積極的に社会と交わり続けることが大事です。

世の中には、子育てをしながらも、家庭を守りながら、細々とでも社会でがんばってきた女性たちがたくさんいます。そして、同世代の女性達にも、しっかりとした社会経験を持ち、技術を持ち、能力のある方々が結構いらっしゃるものです。そういった方たちとのつながりを大事にして、今の環境の中でできる仕事や社会活動をシェアして行うことも、私たちの現在から未来に通じて大事なことである、と思います。“ 地域で生活する” というのは、 こういった要素をゆるやかに兼ね備えていて、ファミリー単位に交流しやすく、緑豊かな自然の中に癒されながら、物事を考えることも仕事をすることもできる、やさしい環境であると感じます。

子育て中は、無理ができないことはわかっています。どんな小さなことでも、「小さな努力と継続」を心がける気持ちがあれば、いずれ、きっと芽がでて膨らんで・・・。どんな仕事でも意味あるもので、良し悪し、上下の比較などできません。でも、「私が得意なことを活かせる仕事」は、“仕事”という言葉以上に自分自身や家族、周囲の人たちに多大なものを与えてくれます。子供たちに夢を与えることのできる大人であるために、自分も夢を持ち続けたい。将来を夢みながら、日々、やわらかな空気の中で家庭を見守ってゆける・・・そんな大人の女性になりたいものです。

共有経済「シェアリング・ビジネス」

豊かになったわが国は、誰もが同じレベルを目指す教育システムが整備されました。幅広く教育が行き届き、女子が大学に進学するのは当たり前のこととなり、女性の就労率が上がりました。
そして、女性の高学歴と社会参画により晩婚化が進みました。
当然、女性が社会経済を担うことが想定されていなかった、これまでの社会システムの矛盾が露呈されるようになります。
人口が減り続ける日本は、労働力を女性に求め、社会のルールや概念を変えようとしている、まさに次世代への社会変革の過渡期にあります。
また、豊かになったことで、少子化が進んだ日本は、資本を少ない子供に集中的に投資する、というマインドに切り替わってきました。 しかし「少子化」です、日本の人口は世界的に見ても減っているのです。


コロナ禍で、人々の価値観は急激に大きく変わり、「何が大事で、何が必要」であるかを真剣に真面目に考えるようになりました。
そんなことを考える余裕はなかったのが、変化の激しいテクノロジーの流れの中にいて、情報がジャブジャブ溢れ、100均やamazonで安価に手に入れられるモノに溢れていた、コロナ禍以前の私たちです。


オーストラリアのエメラルドで学んだ「ゆとり」。 せっかく自然豊かな地域で生活しているのです。 家庭にも、仕事にも、「ゆとり」をもてる日々を送りたいものです。

代表: Miho Mizutani